大学受験専門の個人塾

せいふう       ぎじゅく

清 楓 義 塾

受付時間

平 日
15:00~22:00
日・祝
10:00~17:00

お気軽にお問合せください

053-458-1041

塾長から受験生への「応援メール」

 清楓義塾は個別指導形式ですので、塾生たちに直接話ができる機会は限られています。そのため、塾生たちに、今考えてほしいことや伝えたいことなどを、塾長からの“応援メール”という形で発信しています。
 ここでは最近1ヵ月間で発信した”応援メール”の題目を掲載しますので、興味をお持ちになられましたら、下の「詳しくはこちら」か、Menuの「塾長から受験生への応援メールをクリックしてください。

7月17日
過去問教材の選び方
7月16日
高3生 夏休みの課題
7月15日
蛍雪時代 臨時増刊号
7月8日
7月の受験生度
7月6日
セミナー「夏休みの過ごし方」
7月5日
ボールペン ランキング
7月4日
6月の通塾日数
7月3日
今日は何の日?
6月27日
高3・卒生 セミナー「過去問教材の選び方と使い方」開催
6月24日
数学の課題ノート その2
6月23日
数学の課題ノート その1
6月19日
蛍雪時代 7月号
6月17日
生徒カレンダーの別の使い方
6月16日
女子相撲選手

清楓義塾の5つの特徴

豊富な経験と進学実績

 清楓義塾は1993年に開校し、2009年には高校生対象の大学受験指導に専念。以降、豊富な経験と個人塾としてのきめ細かな指導で、2013~2017年の5年間に、旧帝大・一橋・東工大・国公立大学医学科に21名、早慶上智・東理・ICUに17名、名青立法中学・関関同立・南山に45名の卒塾生を送り出すなど、超難関校への進学実績があります。

自立型個別指導

 受験に精通した一流講師の授業を受けさえすれば、誰でも学力は上がるのでしょうか。答えは“いいえ”です。確かに、授業を受けたときは「分かった」を体験できることでしょう。だからと言って、その後の模試やテストで「できる」ようになるとは限りません。それは、「分かる」と「できる」は違うからです。「分かる」を「できる」にするには、学んだことを復習したり演習したりして、確実に自分のものにする自学自習が必要なのです。

最適な学習環境を提供

小テストを受けたり教材を閲覧したりするスペース

 学力が一番伸びるのは、講義を受けているときでも質問をしているときでもありません。学んだことを復習したり演習したりする自学自習の時間です。ですから、清楓義塾は自学自習に最適な学習環境を提供しています。

 しかし、だからと言って、皆に一つひとつが仕切られたブース席で自習をしてもらうことが良いことだとは思いません。“受験生度”という独特な考えの下、個々の生徒の学習意欲などに適した学習環境の提供を心掛けています。

 

個人塾ならではの面倒見

 全国展開する大手予備校には長年培ってきた信頼や実績があります。しかし、卒業まで顔や名前を覚えてもらえなかったり、学校の宿題等の質問や進路相談が気軽にできなかったりします。

 清楓義塾は塾長を中心とした数名のスタッフで運営する個人塾ですので、生徒や保護者との距離が近いのが自慢です。そのため、自分が使っている問題集や学校の課題の質問が気軽にできますし、学習法や進路に関する相談も気兼ねなくして頂けます

毎日通塾しても、安い授業料

 塾はゴールデンウイークから翌年3月まで、休みは1月1日のみ。その間、毎日通塾しても、授業料は、高3生が30,000円(税別)、高1・2生が25,000円(税別)です。

塾内イベント情報

2018年9月16・17日
高3保護者会「進学説明会」を開催します。
2018年8月26日
高1・2「センター過去問体験会」を開催します。
2018年7月29日
高1保護者会「文理選択などについて」を開催します。
2018年7月29日
中3「9月学調対策模試」を開催します。
2018年7月28・29日
高3「センターマーク演習」を開催します。
2018年6月26日~7月18日
個別面談を開催しています。
2018年7月15日
塾便り7月号を送付しました。
2018年7月12日・7月14日
高1生 セミナー「夏休みの過ごし方」を開催しました。
2018年7月10日・7月11日
高2生 セミナー「夏休みの過ごし方」を開催しました。
2018年7月1日・7月3日
高3・卒生 セミナー「過去問教材の選び方と使い方」を開催しました。
2018年6月14日
塾便り6月号を送付しました。